志田未来は天才である、志田未来・子役から女優へ

       

志田未来は天才である

志田未来(しだ みらい、1993年5月10日生まれ )は、まだ14歳。この年齢の女優は年より色っぽく見える子が多いのですが、志田未来は幼さの残る面影をし、14歳という実年齢通りの風貌をしています。ところがその演技力には舌を巻きます。監督や競演した多くの大女優から絶賛される志田未来の将来が本当に楽しみです。

それでは、少女から大人の女性に成長していくちょうど曲がり角にいる志田未来の魅力をご紹介しましょう。


志田未来のエピソード


『女王の教室』の第2話の撮影現場での話です。主演の天海祐希は志田未来が演じる神田和美が松川尚瑠輝演じる真鍋由介を庇うシーンの本番で、志田未来がリハーサルには無かった迫真の演技を見て「倒れそうになった」と語っています。

高畑淳子は志田未来と共演した『14歳の母』の最終話でNGを出したところ、スタッフが一斉に驚きの声を上げたそうです。その理由を問いただすと、「志田さんのNGを初めて見た」という返事が返ってきました。

志田未来は撮影現場には台本を持参しないといいいます。映画『母べえ』で共演した笑福亭鶴瓶は、志田未来が台詞を完璧に憶えていて、撮影現場では読書をしていることが多かったと語っています。

志田未来の評価


最近、さまざまな討論番組やニュースショーに欠かせないモテモテの評論家、宮崎哲弥氏が、自らを『女王の教室』研究家と呼んでいるそうです。その宮崎哲弥氏が志田未来の演技力を高く評価しています。

田中美佐子は、「かなり人見知りをするが元来面白い子」と語っています。また、「あそこまで自然な演技の出来る人は本当にどこにもいないと思うので、どこまででも行く凄い女優さんになる」とも評しています。

『日経エンタテインメント!』2007年1月号で、「2作連続でドラマをヒットに導く13歳の新・視聴率女優」と志田未来を特集し、「明るく前向きな少女を演じさせたら志田未来はピカイチ」と評しました。


志田未来誕生のヒミツ

志田未来は1999年、セントラル子供劇団に入団し、芸能界の道を歩み始めました。このとき、志田未来はわずか6歳でした。
そして、翌2000年9月、志田未来わずか7歳で『永遠の1/2』第3話(東京放送)や火曜サスペンス劇場『ぬくもり』(日本テレビ)にテレビドラマ出演を果たしています。


女優・志田未来の誕生は『女王の教室』


あの志田未来を一気に有名にした『女王の教室』で、6年3組のヒロイン・神田和美役を志田未来が演じたのは、2005年7月-9月のこと、志田未来は12歳でした。この番組で志田未来は天才として脚光を浴びます。

脚本の遊川和彦は、「物語の主人公となるのは神田和美である」とまで語っていたそうです。志田未来はオーディションには参加していなかったそうで、当時、和美役の選考は難航を極めており、最後にスタッフに発掘され、和美役に抜てきされたのです。志田未来の存在無しに『女王の教室』はあり得なかったとまでスタッフに言わしめました。

志田未来のプロフィール


本名も志田未来、神奈川県生まれです。血液型はAB型。研音所属の女優です。
主な出演作品は、女王の教室(2005年)、ハルとナツ(橋田脚本、2005年)、14歳の母(2006年)わたしたちの教科書(2007年)、探偵学園Q(2007年)などです。

志田未来は数多くの賞を受賞しています。主なものは、『14歳の母』の演技に対してギャラクシー賞、第15回橋田賞新人賞(2007年)、第15回2006年間ドラマ大賞・主演女優賞と新人賞などなど。

もはや志田未来は押しも押されもしない本格的な"女優"なのです。
タグ:志田未来

志田未来と探偵学園Q

そして、志田未来の最も新しい作品が探偵学園Qです。志田未来はヒロイン・メグを演じています。主人公・キュウ役の神木隆之介、そしてリュウ役の山田涼介とともに、脅威の14歳トリオが期待に違わない見事な演技をこなし、原作者をうならせています。

橋田壽賀子をうならせた志田未来にとってはあたりまえのことかもしれませんね。


探偵学園Qとは


探偵学園Qはの原作はコミックです。原作は『金田一少年の事件簿』の天樹征丸氏、作画さとうふみや氏です。2001年〜2005年まで週刊少年マガジンで連載されました。

勉強は苦手だけど推理には稀代の歳能を発揮するキュウ(神木隆之介)は、世界一の探偵を目指すためD.D.S(団探偵学園)に入学し、学園のトップクラス「Qクラス」に属し、そこで出会った仲間とともに、数々の不可解犯罪を解決していきます。メグ(志田未来)はキュウを助け、「Qクラス」のまとめ役ともいえます。

物語は鋭い観察力とひらめきを持つキュウ(神木隆之介)や、瞬間記憶能力を持つメグ(志田未来)、天才的な頭脳を持ちながら、他人を全く信じないリュウ(山田涼介)が、超能力犯罪を計画する組織「冥王星」と対決します。

探偵学園Qのキャスト


  • キュウ:神木隆之介

  • 美南恵(メグ):志田未来

  • 天草流(リュウ):山田涼介

  • 鳴沢数馬(カズマ):若葉克実

  • 遠山金太郎(キンタ):要潤

  • 団守彦:陣内孝則


  • 探偵学園Qのストーリーと志田未来


    神木隆之介は「欲しい超能力」を聞かれ、「人を助けたいから予知能力」、志田未来さんは「朝寝ていたいから瞬間移動……自分のためで、すみません」ろインタビューに答えています。山田涼介は「空を飛びたい。鳥って自由だから」と三者三様です。それぞれ個性が現れていておもしろいですね。
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。